UNION-BAR

★ニューヨーク流クッキング★ベーキング★思い出★毎日アメリカンIN TOKYO★  homaryのFOOD&DRINKブログ
Top
<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Dulce de lache ドルチェ・デ・レチェ
e0067538_12541687.jpg

Dulce de leche とは、ちょっと焦がしてキャラメル状にした甘~いミルクのことであるラテンアメリカン・レストランのデザートによく使われたりする、激甘のミルクキャラメルのことである

↓のアイスクリームを作るために2時間半かけてこしらえたツヤピカのDulce de lecheであります。トロトロのはずのコンデンスミルクがこんなにしっかりとした濃厚なキャラメルになるのだから不思議だよね。

e0067538_12544938.jpge0067538_1255589.jpg












私がこのdulce de leche に初めて出会ったののは、そのむかし、Park Ave South のとあるレストランで働いていた頃、ペイストリーシェフ(日本ではパティシエと言うが英語のNYではPastry chefと言うのが普通である)が鍋からコンデンスミルクの缶を取り出し、蓋を開けるとそこには見事にキャラメル色になったコンデンスミルクが入っているではないか!!驚きだった。
大きな鍋に缶を並べて入れ、お湯をたっぷりと張って3時間沸騰させ続け、冷やしたものだった。衝撃の新事実だったのである。
 彼女はその激甘のレチェに炊いたご飯をたっぷりと混ぜ込み、さらに冷やしてRice pudding にしていた!アメリカジンは皆「wow! this is good! delicious!」とか言ってモリモリ食べていたなぁ・・・・しかし、私はニッポンジンである、やはり甘いミルクキャラメルの中でご飯粒がウゴメク食感がどうも・・・苦手で一口で十分であった。
[PR]
by homary-ongramercy | 2007-12-11 13:21 | PREPARATION
Dulce de leche icecream ドルチェ・デ・レチェ アイスクリーム

e0067538_12415034.jpg

Dulce de lache のアイスクリームを自作!
「私はハーゲンダッツのドルチェ・デ・レチェのアイスが大大大好きだった!」ということを”ふ”と思い出した。
しかし、コレがなかなか売っていない、というかもしかしたら日本未発売なのかな?
濃いミルク味のアイスの中にネットリ、甘いドルチェ・デ・レチェがスワイル状に入っていて、スプーンが止まらなくなる感じでヤバイ(←こういう表現方法は好きではないが)のである!

見つからないということは、たぶん発売されてないか、店舗だけの取扱いなのかも・・・

よし、自作してみよう!と思い立ち、トライしてみた。
大成功!
おいしい~!
本物と見分けが付かないほどのスバラシイ贋作だわ~
今日は☆☆☆☆
[PR]
by homary-ongramercy | 2007-12-11 12:53 | BAKING & SWEETS
ガレージセールだよ!
はぁぁ・・・寒くなってきたわね・・・・
今年もアッというまに過ぎちゃった。
もう12月だよね・・・何かと忙しい毎日なのでありますが、私は特に年末の大掃除などしない性分なので、そういう意味では余裕なのであります!普段からマメに小掃除を心がけることが大切!狭いと言っても過言ではない私の部屋など大掃除をする場所がないのです。

さて、そんなんで、今週末、知人のガレージセールに参加することになりました
雑誌やセレブリティーのスタイリング、そのほか多方面でご活躍のToolsの近藤さんセレクトのコダワリの服や雑貨や小物のガレージセールです。ほんとに車庫で開催です。
その横にhomaryが間借りしてアメリカン・ベーキング・スイーツを販売させていただくことになりました!
少量だけのお試し販売なのですが、もし、時間があったらどうぞ、見に来てくださいね~
頑張ってお菓子焼きますね!
e0067538_0441745.jpg

12月15日 土曜日 たぶん昼ぐらいからです
場所:港区三田
アクセス:大江戸線、南北線 麻布十番駅から徒歩4分

地図はこのしたクリック

地図はここです
[PR]
by homary-ongramercy | 2007-12-10 01:01 | 食・物・事・想い
Preserved Fruits cake
e0067538_18163722.jpg

フルーツたっぷりのローフだよ。
メチャクチャ重くて、シットリで、スパイシー。
特大サイズのローフパンで焼いたから、なんと焼き時間が90分!

e0067538_18173618.jpg
今年のいつごろだったか・・・・たぶん春くらいである
ドライフルーツがたくさん余っていたから、全部大きな瓶にいれて、Cointreauを1本丸ごと流し込み、漬け込んだのを思い出した。
やがて季節は夏になり、暑くてケーキどころではなくなり、見ない振りをしているうちにキャビネットの奥に押し込まれて忘れられた・・・・

最近、「ん、奥になんかあるな、ガラクタか?」とのぞいてみると、よく漬かってXO(エックスオー)化したコレが発見されたのである。
[PR]
by homary-ongramercy | 2007-12-06 18:28 | BAKING & SWEETS
Chocolate layer pancakes

e0067538_1872097.jpg

チョコレートパンケーキとホイップ!
こないだ、ふざけて作ってみたやつである・・・・なんだか味はどうなの?と言いたくなる見た目よねぇ。でもねコレがまた、おいしいの。e0067538_1874843.jpgだって、かんがえたらチョコとクリームだからまずいわけないよね!
シロップが浸みこんで、甘くて、チョコの苦味とクリームが溶け合ってかなり濃厚。
血糖値をグゥ~ンと上げたい朝におすすめ!あ、でも朝、こんなもん焼いたり、ホイップしたりしてる時間があるなら寝ていたいよね・・・
[PR]
by homary-ongramercy | 2007-12-06 18:15 | BRUNCH
Baked Ziti
e0067538_1724598.jpg

ハナマサでZITIを見つけた!
チキンとトマトでソースを作ってBaked Zitiだぁ~
Fresh sage でアクセントをつけてみたわ。sage=セージはけっこう、まったりとしてヘヴィーなクセがある。煮込むような肉料理やソースに使うとボディーのあるガッチリ系の味に仕上がるのである。だから冬向きのハーブなのである。

ところで日本でZITIを見つけることは簡単ではなくて、あちこちで探してもリガトーニやマカロニばかりで、売っていないのである。だからうれしくて早速クッキングしたのである。

ZITIとは↑の写真の通りのただの穴あきのショートパスタである。表面のスジもなくツルンとしていてシンプルなシェイプである。
アメリカのカジュアル・イタリアンレストランやピザ屋にはこのBaked Zitiのメニューがよくある。ミートボールソースやボロネーズソースと一緒にして表面をカリっと焼き上げたもので、濃厚で、食べ応えのあるパスタディッシュであった。イタリアンレストランをフッと覗くとBaked Zitiを食べているのはだいたい男か子供であった。お腹が空いて「あ~ハラヘッタ~」というような時に食べたくなる「肉+トマト+パスタ+チーズ」のゴールデンコンビネイションだから、脳ミソの構造が単純な男性や子供に好まれるのであった!
[PR]
by homary-ongramercy | 2007-12-01 17:44 | LIGHT DISH

カテゴリ
homaryの著書
INTRODUCTION
BAR
SALAD
SOUP & SNACK
APPETIZER & SIDE
BRUNCH
LIGHT DISH
MAIN DISH
BISCOTTI
BAKING & SWEETS
JAPANESE
PREPARATION
食・物・事・想い
The NY Times : Photo
CRAFT クラフト
INDEX
UNION-BAR より
LINK
NY流料理の会 
多忙のためお休みをしております
ごめんなさい
    ★★★★★

こちらです



----------------------

このブログUNION-BARを参考にして調理、料理に問題が生じた場合、内容・情報を引用して問題が生じた場合などのいかなる場合において、いっさいの責任を負いません

写真画像、記事内容の無断転載はお断りします



その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧