UNION-BAR

★ニューヨーク流クッキング★ベーキング★思い出★毎日アメリカンIN TOKYO★  homaryのFOOD&DRINKブログ
Top
鮪!まぐろ・セビーチェ TUNA CEVICHE
e0067538_16184246.jpg


2001年ごろ、ニューヨークのレストランにはセビーチェ旋風が巻き起こっていたのだ。トレンディーなレストランの前菜のメニューのなかに Ceviche の文字をよく見たものです。
SUSHI SAMBA, CHICAMA, ESCA などといったセビーチェをメインにしたレストランがサクレツ!していた頃であります。

Ceviche セビーチェ って何かといえば、もともと南米ペルーやチリの生魚の料理法のこと。生魚の切り身に、たっぷりのライムやレモンやオレンジジュース、チリペッパー、トマト、アヴォカド、オニオン、シラントロ* などを混ぜた「南米風・生魚の和え物」 です。果物の酸が生魚を程よくシメてくれるわけです。

私がセビーチェ初めて出合ったのは 90年代の終わり、パーク・アヴェニューのレストラン、PATRIA 。その頃のPATRIAにはラテンアメリカ料理の草分けシェフ・Daugulas Rodriguezがいたのだ。それまで、生魚といえばショウユにワサビぐらいしか知らなかった私はセビーチェの味にぶったまげた・・・・こんな不思議でウマイ生魚の食べ方が南米にあったとは・・・・
残念ながら、PATRIA はクローズしてしまった。しかしDouglasはそのずっと前にそこを去り、他にいくつもの当り!レストランを経営し、本も何冊か出して今やスターシェフ扱いである。。。

にほんブログ村 料理ブログへ
これ食べたい!と思ったらクリックしてみたり・・・してね
e0067538_1743097.gif




150g------マグロ赤身 1cm角
1/2--------アボカド 1cm角
20g--------オニオン 5mm角
1/2--------トマト 1cm角
1/2---------レモンジュース
適量-------シラントロ 1cm幅に切る
少量--------緑タバスコ、塩、コショウ、キャノーラ油
ひと振り------チリパウダー


・全部をボウルで混ぜ合わせ、15~30分冷蔵庫に入れておく。ハイ、できた!
[PR]
by homary-ongramercy | 2005-10-23 17:16 | APPETIZER & SIDE
<< 橙ダイダイ”なんちゃって”カピ... フルーツ・プレザーブのパンケー... >>

カテゴリ
homaryの著書
INTRODUCTION
BAR
SALAD
SOUP & SNACK
APPETIZER & SIDE
BRUNCH
LIGHT DISH
MAIN DISH
BISCOTTI
BAKING & SWEETS
JAPANESE
PREPARATION
食・物・事・想い
The NY Times : Photo
CRAFT クラフト
INDEX
UNION-BAR より
LINK
NY流料理の会 
多忙のためお休みをしております
ごめんなさい
    ★★★★★

こちらです



----------------------

このブログUNION-BARを参考にして調理、料理に問題が生じた場合、内容・情報を引用して問題が生じた場合などのいかなる場合において、いっさいの責任を負いません

写真画像、記事内容の無断転載はお断りします



その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧